ハウジング - PS4/PS3/PSVita/Nintendo3DS/WiiU版テラリア攻略wiki

提供:PS4/PS3/PSVita/Nintendo3DS/WiiU 版テラリア攻略wiki
移動: 案内, 検索

テラリアでは、ブロック類レンガで壁を囲い、背景をカベで埋めることでを作ることができます。
単純に敵から身を守るための隠れ家としての機能の他、ベッドを設置することによって復活地点を変更したり、家具を設置することによってNPCを住ませたりすることができます。

目次

[編集] 家の作り方

初心者ガイドを参照してください。

[編集] 隠れ家としての家

  • 自分の周りを壁で囲むだけで、大半のモンスターの侵入を防ぐことができます。
  • 背景をカベで埋めることで、モンスターの出現を抑えることができます。

上の2点を押さえるだけで、最低限身を守るための家の体裁は整います。 安全な隠れ家を確保して、そこにワークベンチたからばこなどを置いて、拠点にしてみましょう。

とびらあしばを出入口として設置することで出入りが便利になりますが、あしばはモンスターの侵入も許してしまうし、ブラッドムーン時のゾンビや、ゴブリンぐんだんとびらを破って侵入してくるので注意。

[編集] TIPS:

  • とびらを地面から2ブロック上げて配置することで、モンスターとびらを破られるのを防ぐことができる。
    この状態でも、NPCはとびらを開けることができる。

[編集] 家の最低条件

以下の条件を満たすことで、そこを「家」として認識します。

  • 周りをブロックとびらで完全に囲まれている。
  • 家の大きさがブロックを含む、最低60ブロック。
  • 張られた背景壁に、縦横それぞれに5タイル以上の隙間が無い。

なお大きすぎる家は、判定が安定しません。(中心付近しか認識しない)
参考として、380ブロック(横20ブロック 縦19ブロック)以内ならば、どこでも住むことが出来ます。

[編集] ベッドが機能する条件

家の中にベッドを設置して○ボタンで、その地点を復活地点に設定することができます。
復活地点を変更した場合、「ふっかつ地点を設定しました!」のメッセージが表示されます。

ただし復活地点として、縦横3ブロック分のスペースが必要です。
厳密には、ベッドの頭側3ブロック分のすぐ上にブロックが置かれていない状態が必要です。(ベッドの幅は4ブロックで、足側の1ブロックは無視される)

[編集] NPCが住み着く条件

NPCを住ませるにはさらに以下の条件が必要です。
NPC1人につき、1つの部屋が必要です。1部屋に2人以上住まわせることはできません。

ハウジング画面で□ボタンを押せば、必要な条件を確認できます。

[編集] とびら

NPCが住み着くためには少なくとも1つ、入り口となる「とびら」が必要です。
とびら以外にも、あしばもとびらとして扱われ、家の中に設置さえされていれば、どこにあっても「とびら」として認識します。

[編集] イス

NPCが住み着くためには、少なくとも1つ「イス」が家に設置されている必要があります。現在、以下のアイテムが人が住むのに必要なイスとして機能します。
基本的に「腰掛けることができる家具」を「イス」として扱います。

きのイス.pngイス
ベッド.pngベッド
ながいす.pngベンチ
トイレ.pngトイレ
ぎょくざ.pngぎょくざ

[編集] テーブル

NPCが住み着くためには、少なくとも1つ「テーブル」が家に設置されている必要があります。現在、以下のアイテムが人が住むのに必要なテーブルとして機能します。
基本的に「上に物が置くことができる家具」を「テーブル」として扱いますが、例外としてよくそうもテーブル扱いです。

きのテーブル.pngテーブル
ワークベンチ.pngワークベンチ
タンス.pngタンス
ピアノ.pngピアノ
よくそう.pngよくそう
ほんだな.pngほんだな

[編集] しょうめい

NPCが住み着くためには少なくとも1つ、明かりとなる「しょうめい」が必要です。設置さえされていれば、メカニズムによってオフになっていても認識します。
「しょうめい」として機能するアイテムは、しょうめいを参照してください。

なお、キャンプファイアがいとうビンづめのホタルなど、光源になっても「しょうめい」としては機能しないアイテムもいくつかあります。

[編集] NPCの立ち位置

NPCが住み着くためには、NPCの立ち位置も確保しなけなればなりません。その位置は以下の条件を満している必要があります。

  • ブロック(あしばは不可)の上であり、そこから上に3ブロック、左右に1ブロック以上のスペースがある。
  • とびらには隣接しない。(内側に開いたとびらからも離れようとする)

夜になるとNPCはこの位置に移動します。

床が全てあしばの家や、狭い家にはNPCは住めません。
家の大きさを横7ブロック以上、床をブロックにして、不要なブロックやあしばを置かなければ、スペースは十分確保できます。

△ボタンで表示されるルームアイコンは、常にこの立ち位置の真上に表示されます。
立ち位置は、基本的に置かれている家具の真ん中付近になりやすい傾向があります。
収納家具NPCの位置が重なり、中身が取り出せない場合など、立ち位置を変えたい場合は家具しょうめいの配置を変えてみましょう。

なお、立ち位置に関するメッセージはハウジング画面では確認できません。
立ち位置が確保できない場合は「このままでは人が住めません」と出ます。
家具を外すと「人が住むには~ 」のメッセージになる場合は、スペースを確保できているか確認しましょう。

[編集] 補足

家は上下左右に繋げることができます。その際、壁や天井・床のブロックを共有しても構いません。

とびらのかわりにアクチュエーターで入口を作ることもできますが、オフになったブロックは壁として機能しません。
そのためベッドを置いて復活地点を設定した場合は、入口を閉じないとその復活地点に移動しません。

[編集] 背景壁について

背景壁として使えるのは、自分で設置したカベだけです。
ワールド内に最初から存在している背景壁は、小部屋にあるぶあついカベなどを除き、家の壁として使用できません。
それらの壁がある場合は、ハンマーで壁を壊す必要があります。

背景壁は、縦横それぞれ4ブロック分以内なら張らないことも可能です。
構造次第では背景壁を全く張らずに「家」として認識されることもあります。

[編集] 魔物の出現

背景壁を張ると、その場所にはモンスターが出現しなくなります。
ただし絶対に出現しない訳ではなく、プレイヤーの位置次第では家の中に出現することがあります。

なお背景壁とは関係なく、NPCが近くに4人以上いると、イベント以外ではモンスターが一切出現しなくなります。

スポンサード リンク

スポンサードリンク
個人用ツール